カード申込 WEB完結申込
  1. キャッシングのSMBCモビット TOP
  2. 初めてでも安心!カードローンの基礎知識
  3. カードローンの返済方法とは? 計画的な返済をするために

カードローンの返済方法とは? 計画的な返済をするために

カードローンを利用した場合の返済金額や返済期日について知りたいです。返済方法も提携ATMからだけじゃなくいくつか種類があるって聞いたけど、どのような方法があるのですか?

お借入前に返済金額や返済期日、返済方法について知っておくことで、ご自身に合った返済の計画を立てることができます。ご自身にとって最適なカードローンの返済方法を選択することができるように理解しておきましょう。

カードローンの毎月の返済金額はどのぐらいになる?

一般的に、カードローンの返済方式として

  • 1.元利定額返済方式
  • 2.残高スライド元利定額返済方式

の2通りがあります。どちらの方式も毎月1回返済をする、という点は共通していますが、返済額の決まり方が違います。

1.の元利定額返済方式は、お借入時から完済される時まで毎月の返済額は変わらず、利息と元金の合計額を一定金額ずつ返済していく方式です。
例えば「毎月1万円の元利定額返済方式」の場合は、借入時から完済時まで毎月1万円ずつを返済していきます。月々の負担額が一定という安心感はありますが、ご利用状況によっては完済までの期間が長くなる場合があります。

2.の残高スライド元利定額返済方式は、借入残高に応じて毎月のご返済額が変動する方式です。
例えば

  • 借入残高10万円超20万円以下の場合は返済額が毎月8,000円
  • 借入残高20万円超30万円以下の場合は返済額が毎月11,000円

等となります。
なお、カードローン会社によって毎月の返済額が異なります。
事前に「いくら借りたら毎月の返済額はいくらになるのか」を確認し、ご自身にとって無理なく返済できる範囲でお借入しましょう。

SMBCモビットの場合

SMBCモビットの返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」です。計画的にご返済いただけるように、最終借入後残高に応じた返済額を設定しています。『最終借入後残高』とは、お客様が最後にお借入された際のご利用残高のことをいいます。
追加でお借入が発生した際は最終借入後残高が変動し、それに応じて毎月のご返済額が変動します。

追加のお借入があった場合、最後にお借入いただいた際のご利用残高に応じて、毎月のご返済額が設定されます。この例の場合では追加のお借入後の30万円に基づいて毎月のご返済額が8,000円から11,000円に見直しされました。
※30万円以下のお借入れであれば3年(36回)以内に、30万円を超えるお借入れであれば原則5年(60回)以内で全額のご返済が可能となるよう、返済額を設定しています。(ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があると当社が認めた場合には、最長106回(8年10ヵ月))

なお、SMBCモビットは追加返済を自由に行うこともできます。「ボーナスが入ったから今月は多めに返済したい」ということも可能です。追加返済をすることによって、完済までの期間が短くなり、お支払回数を減らすことができます。またその結果、お支払いいただく利息も少なくなります。
手元のお金に余裕がある際には追加返済をすることも検討してみてはいかがでしょうか。

カードローンの返済方法はどんな種類があるの?

前の項目でご説明した通り、カードローンの返済は、「毎月1回の返済」が基本です。
カードローン各社はできる限りお客様がご返済しやすいように様々な返済方法を用意しています。
どのような返済方法があるのかは、カードローン各社によって異なりますが、毎月の支払期日が決まっており、その日までに用意された方法で返済することが一般的です。
SMBCモビットの場合は以下の2つから返済方法を選択いただくことができます。

  • ・ATMでの返済
  • ・口座振替での返済

ATMでの返済は銀行・コンビニなどに設置してある提携ATMにてご利用いただけます。提携先については、こちらからご確認いただけます。通常、カードローンはATMを利用する際にATM手数料がかかりますが、SMBCモビットの場合は三井住友銀行ATMのご利用であれば手数料が無料になります。
また、SMBCモビット公式スマホアプリを利用して、カード無しでご返済いただける「スマホATM取引」もあります。24時間いつでも、お近くのセブン銀行ATMで、スマホさえあればご利用いただける便利なサービスです。

口座振替でのご返済は、お客様の銀行口座から毎月自動でお引落しされます。その際に、手数料はかかりません。SMBCモビットの場合は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行に口座をお持ちであれば利用可能で、口座振替の登録もインターネット経由でお手続き可能です(印鑑不要)。

カードかスマホだけで簡単に自分の都合の良いタイミングで返済したいという方はATMからのご返済、お引落し日を忘れてしまいそうで不安という方は口座振替など、自分に合った返済方法を選びましょう。またどちらの返済方法を選択した場合でも、指定の銀行口座への振込でご返済いただくことも可能です。

カードローンを期日までに返済ができない場合の対処法

カードローンをご返済の期日までに返済できないと遅延損害金(通常の利息とあわせて年利20.0%)が発生し、今後のお借入れに影響を及ぼす可能性もあります。
それを防ぐためにも、毎月の返済日を「遅れる可能性が低い日」に設定することが重要になります。カードローンは一般的に、毎月のご返済日を複数の指定候補日から選ぶことができるので、お給料日のすぐあとに設定することがおすすめです。
SMBCモビットでは毎月5日、15日、25日、月末日から選択することができるので、例えば毎月20日がお給料日の方は25日をご返済日に設定すると安心です。

それでも「今月は支払期日までに返済するのが難しい」という場合、SMBCモビットでは、ご希望のお支払日を登録できる「お支払予定日登録」というサービスをご用意しています。
設定したお支払予定日までモビットからの電話や郵送物等の連絡は行いませんので、「家族に知られたくない」等の不安をお持ちの方でも安心してご利用いただけます。さらにこのサービスは電話連絡なしで、会員専用サービス「Myモビ」やSMBCモビット公式スマホアプリから簡単にご登録いただくことが可能です。
あらかじめお支払期日までにご返済が難しいことが分かっている場合には、事前にお支払予定日の変更を行っておくと便利です。なお「お支払予定日登録」サービスを利用した場合でも、支払期日を経過した期間については遅延損害金が発生しますので、都合がつけばお早めに返済いただくことをおすすめします。

毎月のお支払期日を変更する場合は、SMBCモビット公式スマホアプリまたはPCサイトからお手続きいただけます。
お客様にとってぴったりなサービスがあるカードローンを選ぶことで、無理なく便利にご返済いただけるでしょう。

まとめ

カードローンの返済金額や方法について理解できました。もし返済が間に合わないことがあったら自宅や職場に連絡がきてしまうのでは、と不安に思っていましたが、その不安をフォローしてくれるようなサービスもあると知って安心しました!

不安を解消できてよかったです。SMBCモビットのカードローンは最短即日で利用でき、様々なお客様へのサービスもあるのできっとお役に立てると思います。
電話連絡なし・自宅への郵送物なしでお申込いただけるWEB完結申込もあるので、ぜひご検討ください。

カード申込
WEB完結申込

他の記事も見る

よくある質問

返済方法について知りたい
返済方法について、以下の方法で返済できます。

ATM返済

 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行等の提携ATM

銀行振込

 銀行からの当社指定の口座への振込(振込手数料はお客さまご負担となります)

口座振替

 お客さまの預貯金口座から自動振替(引落)
返済金額はどうやって決まるのですか?
返済金額は、最終借入後のご利用残高によって返済額を設定しております。
詳しくは本ページをご覧ください。
毎月の支払期日を知りたい
毎月の支払期日は、会員専用サービス「Myモビ」にログインいただき、「契約内容照会」にてご確認ください。
※次回返済(支払)期日については、SMBCモビット公式スマホアプリにて確認できます
トップに戻る