賢くお金を借りる

消費者金融の金利と利息の仕組みは?計算式と節約方法を解説

この記事の監修者

荒井 美亜

貸金業務取扱主任者、2級FP技能士、税理士科目合格者、日商簿記1級、全経簿記能力検定上級

みんなのモビット担当

立教大学経済学部卒、立教大学大学院経済学研究科修了(会計学修士)。出版社、Webマーケティングの会社に従事する中で様々な金融関連の資格を取得。クレジットカードやファクタリングの知識も持ち合わせ、お客様からマネー相談を受けた経験も多数。

消費者金融でお金を借りると、借りた額に加えて利息の返済が必要となります。この利息は、借入額・金利・借入期間により決まります。

利息の計算は複雑と考える人もいますが、利息の仕組みと計算式を理解しておけば難しくありません。また、返済シミュレーションを活用することで、完済までの計画を立てることができます。

今回は、消費者金融が定めている金利と利息の仕組み、具体的な計算方法、利息を抑えるポイントについて解説します。

消費者金融の金利と利息の仕組み

初めてお金を借りる人は、「金利」や「利息」と聞くと不安なイメージを抱くかもしれません。しかし、消費者金融をはじめとする金融機関は、法律で定められた金利を遵守していますので、心配はいりません。

消費者金融の上限金利は法律で定められている

消費者金融の金利は、例えば「年3.0%〜年18.0%」というように一定の幅を持たせて設定されます。

金利の上限は「利息制限法」という法律に基づいて設定されており、それを超える金利は法律で禁止されています。

利息制限法で定められる上限金利

「金利」と「ご利用限度額」はお客さまごとに異なる

消費者金融では、契約時に「ご利用限度額」と「金利」が定められます。

収入状況・希望借入額などを総合的に判断し、上記の利息制限法で定められた範囲の中から、お客さまごとに金利・ご利用限度額が決まります。

SMBCモビットの金利は年率3.0%〜18.0%の間で決まる

SMBCモビットの金利は、年率3.0%〜18.0%となっており、他の大手消費者金融から提供されているカードローンと大きな違いはありません。

100万円以下の借入であれば、上限金利の年率18.0%が適用されるため、年収などから考えて高い限度額が設定されないことが想定される場合には、借入期間が長期にわたらないよう計画的な返済に努めましょう。

消費者金融の利息を計算する方法

利息の計算は、「借入残高」と「金利」と「返済日までの利用日数」により決まります。利息の計算方法を覚えておくことで、自身の借入状況をいつでも算出することができます。

利息の計算式

利息=借入残高(元金)×金利(年率)÷365日(うるう年の場合は366日)×返済日までの利用日数

上記の計算式で、現時点での利息を算出することができます。具体的に、10万円を18.0%の金利で、1ヶ月間(30日)で返済する場合の利息を計算してみましょう。

10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円
(1円未満は切り捨てられます)

10万円を18.0%の金利で1ヶ月間(30日)借りた場合、1ヶ月後に完済する前提で返す額は10万円(元金)+1,479円(利息)で「101,479円」となります。

カードローンにおける借入残高とは

借入残高とは、「借入れた金額から返済済みの金額を引いたもの」を指します。つまり、まだ返済が済んでいない「残りの借入金額」のことです。10万円を借りて、途中で7万円を返済した場合は、借入残高は3万円となります。(利息は加味していません)

返済シミュレーションの活用

発生する利息は、1日ごとに再計算される仕組みとなっています。また、途中で返済を行って借入残高が減ると、発生する利息も少なくなります。

利息を加味して完済までの計画を立てる際には、「返済シミュレーション」の活用が便利です。希望額・金利・毎月の返済額または返済月数を入れることで、返済計画の例を表示してくれます。

SMBCモビットの「返済シミュレーション」でも、毎月の返済額・返済月数を簡易的に算出することが可能です。実際にお借入をする前に試算しておきましょう。

利息の発生を抑える方法

カードローンの利息を抑えたいというのは、お客さまの誰もが考えるところです。

ここまで紹介してきた通り、発生する利息は「借入残高」と「金利」と「返済日までの利用日数」により決まります。これを踏まえたうえで、利息の発生を抑える方法を紹介します。

1.必要最低限の金額を借りる

利息はあくまでも「実際に借りた額」に対して発生します。つまり、同じ適用金利であるならば、借入をした額が少なければ少ないほど、発生する利息は少なくなります。

あらかじめ必要な金額を、出来る限り正確に把握しておき、不要な借入は避けましょう。それが、利息の負担を軽くすることにつながります。

仮に50万円のご利用限度額があり、必要な金額が30万円であった場合には、30万円だけを借入しましょう。必要以上の借入をすると、その分に対しても利息が発生するため、注意しましょう。

2.借入残高をできるだけ減らす

カードローンは、借入と返済が何度でもできるのが大きな特徴です。つまり、余裕のある時にはいつでも追加返済をすることが可能です。

追加返済をすることで、借入残高を減らすことが可能です。借入残高が減れば、必然的に発生する利息も少なくなるため、効率的に利用することができます。

  • 毎月の定められた額より多めに返済する
  • ボーナス月は少し多めの返済をする

これらを意識的に行うことで、発生する利息を抑えることが可能です。積極的に追加返済をしていきましょう。

消費者金融の金利や利息についてのよくある質問

利息計算は計画的な返済において非常に重要になりますが、その計算は複雑で利用に際しては多くの疑問が生じます。

最後に、消費者金融の金利や利息に関して、よくある質問をまとめましたので、参考にしてください。

Q.金利が高いほど審査に通りやすくなる?

A.審査基準は会社によって異なります。

カードローンの審査基準は各社ごとに異なります。そのため、「金利が高く設定されていれば必ず審査に通過できる」というものではありません。

利用中に適用される金利が下がることはある?

A.増額によって限度額が増えれば適用される金利が引き下がるケースもあります。

契約後であっても「より高額な買い物がしたい」「限度額いっぱいまで借りてしまった」といった場合に、「増額の申請」を行えるカードローンは少なくありません。

借入れできる限度額が上がれば、利息制限法の適用によって金利が引き下がる可能性もあります。

利息制限法では、限度額が10万円以上100万円未満の場合は18.0%が金利上限ですが、100万円以上の場合は上限金利が15.0%と定められています。そのため、増額により金利が下がる可能性があるのです。

ただし、増額を行うためには、再度申請時の情報で審査が行われます。通過できなければ増額ができないばかりか、収入や利用の状況などによっては反対に減額されてしまう場合もあるため、増額の申請は慎重に検討したほうが良いでしょう。

Q.利息を含めた返済金額や返済回数はどうやって計算される?

A.借入残高×実質年率÷365日×返済日までの利用日数=利息

利息の計算方法は上記の通りです。返済時には借入れをしているお金に利息を上乗せした金額の支払いをする必要があります。

また、毎月の返済金額や指定金額での返済回数などは、返済シミュレーションを活用して便利に算出することができるため、返済計画を立てる際にご活用ください。

まとめ

返済計画を立てたうえでお申込をご検討ください

消費者金融でお金を借りる場合、利息が発生します。そのため、事前に発生する利息について把握しておくことは非常に重要です。

事前に返済シミュレーションを活用し、また自身で計算をするなどして、完済までの計画を立てたうえで利用しましょう。

SMBCモビットでは、申込はWEB上で24時間いつでも受付しています。以下ボタンから申込フォームに進めますので、ぜひご検討ください。