SMBCグループ
お金の悩みを解消

カードローンを利用して会社に電話は来るのか|在籍確認のポイントを解説

アイキャッチ画像

この記事の監修者

小林 恵

貸金業務取扱主任者、日本FP協会認定ファイナンシャル・プランナー(AFP)、住宅ローンアドバイザー、DC(企業年金)プランナー

みんなのモビット担当

関西学院大学社会学部卒。情報通信関連の会社に勤務の後、貸金業務取扱主任者資格を取得。セミナー講師や家計相談を中心に活躍中。近年ではオンライン家計相談も行っており、幅広いお客様のマネーに関する問題を解決している。

カードローンに申込をすると、申込者の在籍確認をする目的で会社へ電話連絡をする場合があります。電話連絡を避けたい人や、電話連絡への対応が難しい人は、その他の在籍確認方法によってカードローンを契約できる場合があります。

この記事では、カードローン申込時に会社への連絡がある理由や目的、注意事項、電話連絡をなくす方法について解説しています。

コラムの目次

在籍確認は申込者の勤務状況を確認するのが目的

在籍確認の目的

カードローンに申込をした際、勤務先の会社へカードローン会社から電話がかかってくる場合があります。電話をかける目的は、申込者の在籍確認をするためです。

在籍確認

申告した勤務先に在籍しているかどうかを確認するために行われます。確認方法は基本的に電話で、申込先のカードローン会社の担当者から、申込者宛てにかかってきます。

たとえば、カードローン会社が申込者の会社に電話をかけ、申込者本人が電話に出た場合であれば、「申込時に申告した会社に勤務している」という事実が確認できます。

スムーズに進めば、在籍確認の電話そのものは1分〜2分で終了します。勤務先に在籍しているという事実が確認できれば目的は果たされるため、具体的な業務内容やその他のことに関する話はありません。

電話以外の在籍確認を行っているカードローン会社もある

在籍確認は審査の一環として必ず行われますが、その確認方法には決まりがありません。カードローン会社によっては、一定の条件を満たすと「電話連絡なし」にできます。会社に電話連絡をして欲しくない人は、そのようなカードローン会社へ申込をするといいでしょう。

必要と判断された場合は電話連絡があります

公式サイトに「電話連絡がない」と記載されていても、確認が必要と判断した際や不明な点がある際などは電話連絡をする場合があります。

SMBCモビットで WEBから申込いただく場合は原則として電話連絡なし

在籍確認は申告した勤務先への電話連絡により行われるのが一般的です。しかし、SMBCモビットでは、WEBからお申込みいただいた場合は、原則として電話連絡を行いません。

そのため、勤務先への電話連絡が不安な方は、ぜひSMBCモビットのカードローンをご検討ください。

電話による在籍確認の流れ

電話による在籍確認は、カードローン会社が勤務先へ直接電話する方法で行われます。もし、申込者本人が外出や休日などにより電話に出られなかったとしても、在籍していることが確認できれば完了します。

次に、電話による在籍確認の流れや注意事項について詳しく解説します。

カードローン担当者が「個人名」で勤務先へ電話をかける

電話連絡による在籍確認は、以下のようにカードローンの担当者が個人名で電話をかけます。

アップロードした画像
カードローン担当者

〇〇(個人名)と申しますが、〇〇さま(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?

上記のように、カードローン会社であることが伏せられた状態で電話がかかってきます。その後、申込者本人に電話が取り次がれた場合は以下のとおりです。

アップロードした画像
カードローン担当者

〇〇(個人名)と申しますが、〇〇さまでお間違い無いでしょうか?

アップロードした画像
申込者

はい、間違いありません。

アップロードした画像
カードローン担当者

申し遅れました、〇〇(カードローン会社名)の〇〇(個人名)と申します。これで、在籍確認が完了いたします。

上記のように、電話による在籍確認が完了します。申込者本人が電話に出るまではカードローン会社であることは伏せられているため、最初に電話を取った第三者にカードローンの利用が知られる心配は少ないでしょう。

申込者が電話に出られなくても在籍確認は完了する

申込者が外出中などで電話に出られなかった場合でも、以下の流れで在籍確認は完了します。

アップロードした画像
カードローン担当者

〇〇(個人名)と申しますが、〇〇さま(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?

アップロードした画像
勤務先電話口

〇〇(申込者)は現在外出中です。

上記の場合、申込者はその会社に在籍していることが確認できます。そのため、申込者本人が電話に出られなくても完了となります。

もし、申込時に申告した電話番号や勤務先情報が誤っていたために、掛かってきた電話に対し、「〇〇という者はいません」などと返答すると、在籍確認は完了しません。

カードローン申込における在籍確認の注意事項

在籍確認の注意点

電話による在籍確認が行われる場合は、上記に注意してください。

職場が休みの日は在籍確認が完了しない

職場が休みの日で、カードローン会社からの電話に誰も出られない場合は、申込者が在籍していることを確認できないため、在籍確認が完了しません。

一方、会社が営業しており申込者が休みの場合は、在籍確認可能なため、その限りではありません。

仮に、申込者本人が電話に出られなくても、電話に出た人から「〇〇(申込者)は本日、お休みしております」などの返答があると、在籍している事実が確認できるからです。

電話による在籍確認の目的は、あくまでも申込者がその会社に勤務しているかどうかを確認することです。そのため、必ずしも申込者本人が電話に出る必要はありません。

ただ、電話に出られる人が誰もいない場合は、申込者が在籍している事実を確認できないため在籍確認は完了しません。更に、在籍確認が完了しないと審査も先に進まないため、申込のタイミングには注意が必要です。

監修者コメント

小林 恵

賃金業務取扱主任者 みんなのモビット担当

もし勤務先の休業日や営業時間が決まっている場合は、あらかじめ電話が繋がる時間帯を伝えておくと良いでしょう。在籍確認ができないと、その分審査時間も長引いてしまいますので、早く融資を受けたい方は、事前に連絡をしておきましょう。

雇用形態に関わらず在籍確認は必ず行われる

在籍確認は、アルバイトやパート、派遣社員など雇用形態に関わらず、必ず行われます。

ただ、大規模な会社では、電話を受けた人が申込者の在籍状況を把握できていない場合もあり、電話対応者の返答内容次第では、在籍確認が完了しないことがあります。

また、登録制のアルバイトを行っている人も、同様の事例が考えられます。

在籍確認は雇用形態に関係なく行われるため、電話対応が難しい場合は、電話以外の方法による確認を行っているカードローン会社へ相談してください。

派遣社員は「派遣元」に対して在籍確認が行われる

派遣社員として働かれている場合は、申込時に派遣元を勤務先として申告するようにしてください。派遣元とは、雇用契約を締結している会社を指します。

たとえば、A社と雇用契約を締結し、B社に派遣されている場合、勤務先はA社についての情報を入力します。誤って、派遣先であるB社についての情報を入力してしまうと、在籍確認が完了せず、カードローンの審査が進まなくなってしまう可能性があるので注意してください。

カードローンの利用を周囲に知られないための対処法

カードローン申込時に会社へ電話がかかってくると、周囲に申込の事実が知られてしまう可能性があります。そのため、電話による在籍確認が行われる場合は、以下の対処法を検討してはいかがでしょうか。

対処法の一例

  • 「クレジットカードの申込をした」と周囲に伝えておく
  • 自分が電話に出られる時間帯を指定しておく
  • 電話以外の方法で在籍確認を行うカードローンへ申込をする

「クレジットカードの申込をした」などと伝えておく

カードローンの申込を周囲に悟られないため、「クレジットカードの申込をした」や「引っ越しをするため、賃貸保証会社からの在籍確認があるかもしれない」などと伝えておくとよいでしょう。

上記のように伝えておくと、個人名から電話がかかってきたとしても、クレジットカードや賃貸保証会社であると認識されます。そのため、カードローンの申込であることは気付かれにくいでしょう。

自分が電話に出られる時間帯を指定しておく

あらかじめ、自分が会社にいる時間帯や電話を取れる時間帯を指定しておくとよいでしょう。カードローン会社から電話がかかってきたとき、自分が電話に出られれば周囲に知られてしまう心配は少なくなります。

もし、「誰からの電話だったの?」と聞かれても、「取引先からの電話だった」「間違い電話だった」などと誤魔化すこともできます。

電話以外の方法で在籍確認を行うカードローン会社へ申込む

周囲にカードローンの利用を知られたくないのであれば、初めから電話による在籍確認を行わないカードローン会社へ申込するのもひとつの方法です。たとえば、SMBCモビットでWEBからの申込であれば、電話による在籍確認や郵送物を原則なしにできます。

会社に電話がかかってくることはないため、「電話連絡は避けたい」「周囲に知られたくない」といった方に向いています。

SMBCモビットで電話連絡をなしにする申込手順

SMBCモビットで電話連絡をなしにする申込手順は、健康保険証や社員証、収入証明書類などの本人確認書類を提出いただくことで可能になります。

申込手順

  • 1.申込条件を確認
  • 2.WEBから申込・審査
  • 3.必要書類の提出
  • 4.WEB上で契約を締結

1.申込条件を確認する

初めに、SMBCモビットの申込条件を確認しておきましょう。

SMBCモビットの申込条件

  • 満20歳〜74歳の人
  • 安定した収入がある人

上記条件を満たしていれば、SMBCモビットへの申込が可能です。「安定した収入」について明確な基準は公表されていませんが、毎月給与などの収入を得ていれば、安定した収入として認められます。

また、借入希望額が50万円を超える場合もしくは他社借入を含めて100万円を超える場合は、収入証明書類の提出が必要です。あらかじめ準備の上、お申込みください。

2.WEBから申込を開始・審査

在籍確認を電話連絡以外で行ってもらう場合は、WEBからの申込が条件です。WEB上から必要事項をご入力いただき、申込を完了させてください。その後、審査が行われます。

3.必要書類の提出

電話以外の在籍確認を受けるためには、WEB上で本人確認資料などをご提出いただく必要があります。

本人確認書類の例

  • 運転免許証(※1)
  • 健康保険証(※2)
  • パスポート(※3)
  • マイナンバーカード(※4)

※1.変更事項がある方については裏面コピーも必要。
※2.カード型の場合は裏面も必要であり、記号・番号・保険者番号・QRコードは見えないよう加工が必要。
※3.顔写真および住所のページが必要。2020年2月4日以降に申請されたものは住所記載欄等がないため取り扱い不可。
※4.個人番号(マイナンバー)が見えないように加工が必要。
※場合によっては、本人確認書類を2種類以上ご提出いただくケースがあります。

本人確認書類

WEB上から必要事項を記入の上、申込を完了させてください。その後、本人確認書類をスマートフォンで撮影していただき、備え付けカメラにて顔の撮影も行っていただきます。

本人確認書類と本人の顔撮影の2つを行い、SMBCモビット側で確認が完了すると本人確認が終了する流れです。本人確認書類の提出や審査がすべて完了すると、審査結果を伝えるメールが届きます。

4.WEB上で契約を締結

審査を通過した場合は、そのままWEB上で契約手続きを行っていただきます。契約内容等を確認、納得した上で契約を締結してください。

契約締結が完了すると、ご利用が可能となります。お借入は、振込や提携ATMなどにより行うことができます。お急ぎの場合は、最短3分程度で指定の口座への振込が完了する「振込キャッシング」をご利用ください。

電話連絡以外で在籍確認をするメリット

カードローンを利用する際、在籍確認は必ず行われますが、その方法は様々です。その中でも、電話連絡以外の方法には多くのメリットがあります。

メリット

  • 勤務先の定休日でも在籍確認が完了する
  • 周囲にカードローンの利用を知られにくい

勤務先の定休日や夜間でも在籍確認が完了する

電話連絡による在籍確認を行う場合、勤務先で誰かが電話に出なければなりません。そのため、定休日や終業後で誰も会社にいない時間帯は在籍確認が完了しないため、借入までの手続きに時間がかかってしまいます。

しかし、電話連絡以外で在籍確認を行う場合、会社に誰もいなくても完了します。そのため、休日や夜間であっても審査を行うことができ、スムーズな借入が可能です。

周囲の人にカードローンの利用を知られにくい

電話連絡以外の在籍確認は、勤務先に電話がかかってくることがないため、周囲に知られにくいのがメリットです。

会社に電話がかかってきてしまうと、もしかしたら「ローン等の申込をしたのではないか?」と気付かれてしまうかもしれません。電話がかかってこなければ、そのような可能性もなくなるため気付かれる可能性は少ないでしょう。

よくある質問

カードローンの利用時に会社への電話でよくある質問を紹介します。該当する内容がある人はぜひ参考にしてください。

Q.外勤のため電話に出られないのですが大丈夫ですか?

A.電話に出る人は、本人以外でも問題ありません。

在籍確認は、申込者がその会社に在籍していることを確認するためのもので、必ずしも申込者本人が電話に出る必要はありません。

たとえば、カードローン会社から「〇〇さん(申込者)はいらっしゃいますか?」と聞き、仮に申込者がいなかったとしても、電話を受けた人が「〇〇(申込者)は席をはずしております」と伝えられた場合は、在籍している事実が確認できます。

そのため、申込者本人が電話に出られなくても在籍確認は終了するので安心してください。

ただし会社に誰もおらず、電話に出られる人がいない場合は、在籍確認が完了しません。改めて誰かがいるときに電話をかけてもらうか、電話以外での在籍確認の相談をしてください。

Q.会社の人にカードローンの利用を知られたくないのですが配慮してくれますか?

A.カードローン会社ではプライバシーに配慮して確認を行っています。

カードローン会社は電話をかける際、「〇〇(個人名)と申しますが、〇〇さん(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」のように会社名ではなく個人名を名乗るため、電話に出ただけでカードローンの利用が知られる可能性は低いでしょう。申込者本人が電話を受けるまでは、会社名を名乗りませんので安心してください。

在籍確認 プライバシーへの配慮

ただし、要件を伏せて電話をするため、勘のよい人には在籍確認であることが悟られてしまう可能性があります。そのような場合には、「ローンの申込みをした」や「クレジットカードを作成した」などのように、別の理由を用意しておくとよいでしょう。

Q.派遣社員の場合はどこに電話がかかってきますか?

A.派遣元に電話がかかってきます。

派遣社員の場合は、雇用関係にある会社と実際に働いている会社が異なる場合もあるでしょう。このとき、在籍確認が行われるのは、雇用関係にある会社(雇用主)です。

そのため、申込時に申告する勤務先情報では必ず、派遣元の会社名や電話番号を入力してください。

Q.カードローン申込時以外で電話がかかってくることはありますか?

A.増額案内や支払い延滞が発生した場合にかかってくる場合があります。

カードローンを利用していると、利用可能枠を増額する案内の電話がかかってくる場合があります。基本的には、申込者本人の携帯電話や自宅の電話にかかってきますが、連絡先を会社に指定していた場合は、会社に電話がかかってくることがあります。

また、約定返済日に遅れていて、携帯電話や自宅の電話に何度電話をしても繋がらない場合、最終的に会社に電話がかかって来ます。

カードローンを利用している人の中には「会社への電話はできるだけ避けてほしい」と考えている人もいるはずです。カードローン会社もその心理を理解しているため、基本的には会社へ電話をかけることはありません。

ただし、約定返済日に遅れてしまった場合はその限りではありません。そのため、会社に電話をして欲しくない人は、携帯電話や自宅に電話があった際にきちんと対応をしましょう。

まとめ

カードローンの申込時に会社に電話連絡をして欲しくない人は、SMBCモビットをご検討ください

カードローンに申込をした場合、審査の一環として必ず在籍確認が行われます。確認方法は一般的に勤務先への電話連絡ですが、それ以外の方法で確認を行っているカードローン会社もあります。

できるだけ、会社に電話連絡をしてほしくない人は、そのようなカードローン会社を検討しましょう。その際は、「電話なし」の適用条件を確認するようにしてください。

ちなみに、SMBCモビットの「WEB完結申込」は、社会保険証や組合員証を持っている、かつSMBCモビットが指定する銀行の口座を持っていれば、原則として電話連絡はありません。

会社への電話連絡を避けたい人や、電話による在籍確認が難しい人は、ぜひ、SMBCモビットのWEB完結申込をご検討ください。