はじめてお金を借りる

カードローンの在籍確認とは|実施の流れ〜電話・書類の場合を解説

アイキャッチ

この記事の監修者

荒井 美亜

貸金業務取扱主任者、2級FP技能士、税理士科目合格者、日商簿記1級、全経簿記能力検定上級

みんなのモビット担当

立教大学経済学部卒、立教大学大学院経済学研究科修了(会計学修士)。出版社、Webマーケティングの会社に従事する中で様々な金融関連の資格を取得。クレジットカードやファクタリングの知識も持ち合わせ、お客様からマネー相談を受けた経験も多数。

カードローンの在籍確認は、審査の過程で必ず実施されるものです。申込者の返済能力を確かめるため、申告した勤務先に在籍して収入を得ているかどうかを確かめる事を指します。

この記事では、在籍確認がどのような目的で行われ、実際にどのような流れで進行するのか等を解説します。

カードローンの在籍確認とは何か

在籍確認とは、申込者の返済能力の有無を判断するために、申告された勤務先で働いていることを確認する審査のひとつです。どの金融機関であっても、カードローンの審査において必ず実施されるもので、申告された勤務先で働いていることが確認できるまで審査が完了することはありません。

在籍確認とは利用者の与信を確かめる方法のひとつ

在籍確認は、利用者の与信を確かめる方法のひとつとして用いられます。勤務先は、利用者の収入状況から融資後の返済能力を見極める指針のひとつになります。安定した大手企業に勤めていれば、勤続とともに収入があがっていくことも想定され、将来的に返済が困難になってしまう可能性は低いでしょう。

与信

信用を与えること。取引先と何らかの取引を行う際に、その代金を回収するまでの間に相手方に対して信用を付与することをいいます。

在籍確認なしでカードローンを利用する事はできない

原則として、 在籍確認なしで融資が実行されることはありません。これはカードローンに限らず、さまざまなローンにおいて共通しています。

在籍確認を実施しないということは、返済能力を確かめずに融資を実行するということです。貸金業法上の規制により、返済能力調査が義務付けられているため、返済能力を裏付ける勤務先への在籍確認は重要です。

金融機関や申込方法により在籍確認の方法は異なる

在籍確認そのものが無くなることはありませんが、ローンの種類や金融機関により具体的な方法が異なる場合があります。

原則は電話での在籍確認をする金融機関が多いですが、SMBCモビットのように書類の提出による在籍確認を実施している金融機関もあります。

※ただし、お客さまの希望で在籍確認の方法を選ぶことができない場合もあります。

電話による在籍確認の流れ

「在籍確認で勤務先の人にバレるのではないか」と心配している方もいることでしょう。しかし、金融機関の担当者は個人名で電話をかけ、用件やカードローン名を伝えることはしないため、周囲に知られる可能性としては低いと考えて問題ありません。

スムーズに進めば、在籍確認の電話そのものは1分〜2分で終了します。勤務先に在籍しているという事実が確認できれば目的は果たされるため、具体的な業務内容やその他のことに関する話はありません。

本人が不在の場合でも成立する

在籍確認の電話では、必ずしも申込をした本人が勤務先にいる必要はありません。本人が不在だったとしても、電話応答者との会話で、お客さまがその勤務先に確かに在籍している事実が確認できれば、手続きは完了します。

電話に出た人が「ただいま席を外しております」や「本日は休暇となっております」などの一言を伝えることで、勤務していること自体の確認はできるため、在籍確認は終了します。

派遣社員の場合は派遣元の会社へ連絡が行くケースが多い

派遣社員の立場でカードローン申込をした場合でも、当然ながら在籍確認は行われます。

その場合、派遣元に連絡が行くか、派遣先に連絡が行くかは金融機関により変わります。中には、事前にどちらへの連絡を希望するかお客さまに確認する金融機関もあります。

派遣元への電話連絡がどうしても不安な場合には、申込先金融機関の担当者(又は受付担当者)に相談してみてください。

書類による在籍確認の流れ

書類の提出による在籍確認を行う場合には、金融機関の指定した書類を提出する必要があります。一般的に、以下のような書類が該当します。

  • 社名入りの給与明細書
  • 社名入りの源泉徴収票
  • 社名入りの社会保険証
  • 雇用保険証 など

これらを、指定アプリ・スキャン・郵送等にて送信することで手続きが完了します。

指定された書類が準備できない場合は成立しない

仮に指定された書類を準備できない場合は、書類提出での在籍確認は成立しません。その場合は電話確認が必要となり、それがスムーズにできない場合はカードローン契約が行えません。

指定された書類の準備が難しい場合には、必要書類等について変更をしてもらえる可能性がありますので、担当者に相談してみましょう。

それでも在籍確認が不安な場合は

勤務先への電話連絡が不安な場合は、あらかじめ金融機関へ連絡してみるのも方法のひとつです。電話のタイミングなどの相談に乗ってもらえる可能性もあります。

また、金融機関によっては電話以外の方法で在籍確認が行えるケースもあるため、担当者に指示を仰ぎましょう。

電話による在籍確認における質問と回答

1.パート・アルバイトでも実施されるのか

在籍確認はどのような雇用形態であっても行われます。アルバイトやパートでも、働いている勤務先への電話確認もしくは書類による確認は実施されます。

不安な場合には、勤務先に自分宛ての電話がかかってくることを事前に伝えておくとスムーズです。

2.周囲にカードローンの利用が知られるのか

電話による在籍確認を行う担当者は、原則として金融機関名も電話の用件も伝えないため、よほど勘が良い人でなければカードローンの在籍確認だと気づかれる可能性は低いでしょう。

カードローンの担当者も、「周囲に知られたくない」という心理を理解しているため、配慮したうえで電話確認が行われます。

3.会社に誰もいない場合はどうなるのか

原則として、勤務先への在籍確認が完了しない限りはカードローンの契約はできません。

電話による在籍確認の際、夜間などで勤務先に誰もいない場合などについては、原則として翌日以降に改めて確認が行われることになります。そうなると、必然的にお金を借りられるのも翌日以降となります。

まとめ

SMBCモビットのWEB完結申込をご検討ください

カードローンの契約をするには、在籍確認が必ず行われます。それ自体はどこに申込をした場合でも同じですが、在籍確認の方法は申込先の金融機関や申込方法により異なります。

SMBCモビットのWEB完結なら、原則として電話・書類手続きが発生しないため、電話による在籍確認なしでご利用できます。

勤務先に電話連絡がおこなわれることについて不安がある方は、ぜひ、SMBCモビットのWEB完結申込をご検討ください。