SMBCグループ
お金の悩みを解消

申込ブラックとは?その原因やカードローン審査への影響について解説

申込ブラック

この記事の監修者

小林 恵

貸金業務取扱主任者、日本FP協会認定ファイナンシャル・プランナー(AFP)、住宅ローンアドバイザー、DC(企業年金)プランナー

みんなのモビット担当

関西学院大学社会学部卒。情報通信関連の会社に勤務の後、貸金業務取扱主任者資格を取得。セミナー講師や家計相談を中心に活躍中。近年ではオンライン家計相談も行っており、幅広いお客様のマネーに関する問題を解決している。

申込ブラックとは、短期間の間に複数社へ申込を行い、その情報が信用情報機関に登録されている状態を言います。申込ブラックになると、貸倒れリスクや犯罪行為などが懸念され、審査通過が難しくなる場合があるため、注意しなければなりません。

この記事では、申込ブラックとは何か、またどのような場合に審査に影響が出るのかについて詳しく解説します。

申込ブラックとは

申込ブラックとは

申込ブラックとは、短期間の間に複数社へ申込を行ったことで、審査に通りにくい状態になっていることを指します。

なお、「申込ブラック」という言葉は正式な金融用語ではありません。また、「〇〇ヶ月以内に◯社以上の申込を行うとブラックになる」などといった、明確な基準があるものでもありません。

複数社への申込があるからといって、必ずしも審査に影響が出るものではありません。そのため、審査基準は金融機関によって異なるため、複数社の申込履歴があっても審査に通る可能性はあります。

とはいえ、申込ブラックの状態は審査の判断が難しいため、結果として審査落ちの要因になり得ます。

信用情報に短期間で複数の申込を行った履歴が登録される

カードローンやクレジットカードへの申込を行った履歴は信用情報として登録されます。

信用情報

クレジットやローンの契約や申込、利用状況等に関する情報です。個人のお金に関する情報で、ローン契約の際には必ず確認されています。

信用情報に、短期間に複数回の申込情報が登録されていると、申込を受けた金融機関は貸倒れリスク(貸したお金が返ってこないリスク)を懸念するため、審査に通りにくくなります。これは、過剰な貸付に繋がらないようにするための判断です。

例えば、金融機関では原則として年収の1/3を超える貸付を行いません。仮に、年収300万円の方が複数社への申込を行い、A社で50万円、B社で70万円を希望し、どちらも審査に通った場合は年収の1/3を超える貸付になってしまいます。

短期間の間に複数社への申込履歴がある場合は、例のようなリスクが大きいことから、審査に落ちやすい状態になります。

申込履歴は半年間登録される

信用情報の共有

申込履歴は半年の間信用情報機関に登録されています。つまり、半年間に何度も申込をした履歴がある場合は、いわゆる申込ブラックの状態になっている可能性があります。

ただし、半年の間に何回申込をした場合に影響が出るといったような基準はありません。申込ブラックは、過度な借入による貸倒れリスクを懸念するものであるため、申込先がどのように判断するのか判断が分かれます。

たとえば、1社目に申込をして審査に落ちた場合、続けて2社目に申込をすることがあるでしょう。この場合、申込ブラック状態になっている可能性は低いと考えられます。

ただ、2社目も落ちてさらに数社に申込をしてしまった場合には、審査に影響が出る可能性が高いです。また、審査に落ちてしまう理由は申込ブラック以外が理由であるかもしれません。

よくある審査落ちの理由は、以下のとおりです。

審査落ちの主な理由

  • 利用条件を満たしていない
  • 返済能力がないと判断されている
  • 信用情報に問題がある

各社の利用条件を満たしていない場合は、申込先を変更することによって審査に通る可能性があります。しかし、それ以外の理由で落ちている場合は何度申込をしても審査にはとおりにくいでしょう。

申込ブラックが審査に与える影響とは

審査に与える影響

  • 貸倒れリスクが懸念される
  • 規約違反・犯罪行為が懸念される

監修者コメント

小林 恵

賃金業務取扱主任者 みんなのモビット担当

複数社への同時申込がある方は、金融機関としては審査に慎重にならざる得ません。他にも犯罪などのリスクも潜んでいるため、審査において不利になる可能性が高いことを認識しておいてください。

1.貸倒リスクが懸念される

複数社へ短期間に申込をした履歴があると、申込を受けた金融機関は貸倒れリスクを懸念します。

カードローンは、信用をもとに資金を貸し付けています。もし返済されなければ貸し手にとって大きな損失となります。

上記のことから「貸しても返ってこないのではないか」と懸念されてしまうと、審査の通過は難しくなるでしょう。

半年という短い期間で複数の申込履歴があった場合、「借りられるだけ借りて返済をする意思がないのではないか?」と判断されてしまう可能性があります。

そのため、各社はそのような懸念がある申込者への融資を避けることから、審査通過は困難になるでしょう。

2.規約違反・犯罪行為が懸念される

半年の間に複数の申込履歴があった場合、「規約違反や犯罪行為の恐れがないか」といった点も懸念されます。

たとえば、クレジットカードの現金化など規約違反となる行為が懸念される場合、審査に通りにくくなってしまいます。また、「クレジットカードを作成して犯罪に使用するのではないか」といった懸念を持たれてしまうかもしれません。

上記のように短期間に複数社へ申込をすることは、様々な懸念を持たれてしまう原因となります。そして、審査に通らなかったり利用可能枠が希望通りにならなかったりするなどの影響を及ぼします。

そのため、短期間での複数社への申込は避けた方が良いでしょう。

申込ブラックにならないための対処法

申込ブラックにならないためには、以下のことに注意してください。

申込ブラックにならないための対処法

注意事項

  • 申込後半年間は新規申込を避ける
  • 同時申込を避ける

1.申込後半年間は新規申込を避ける

申込をした履歴は信用情報機関に半年間は登録されているため、1社目の申込を行った後は、最低でも半年間は新規申込を避けたほうが無難かもしれません。申込先によっては、自社含む2社以上の申込でも審査に影響する可能性があります。

1社目で審査に落ちてしまった場合、すぐにでも2社目に申込をしたくなりますが、その前に1社目の審査に落ちてしまった原因を考え、解決しておくことも大切です。

審査に落ちた理由は開示されないため知ることはできませんが、予測はできます。その原因もわからないまま、むやみに他社に申込をするのは控えてください。もし原因を解決できた場合は、2社目への申込にて審査に通る可能性が高まるでしょう。

なお、1社目に審査に通過したにも関わらず、半年間の間に他社へ申込をする行為については、信用情報に悪影響があるため避けてください。

2.同時申込を避ける

同時に複数社へ申込をするのは避けましょう。同時に申込をしてしまうと、「一気に借りて全て返済しないつもりではないか」といった懸念を持たれてしまう可能性があります。

そのため、申込をする際は1社ずつ行い、審査の結果次第では半年以上の期間を空けてから他社に申込むようにしてください。

よくある質問

Q.情報登録や削除のタイミングはいつですか?

A.信用情報機関によって異なります。

日本国内には、以下3つの個人信用情報機関が存在します。

日本の個人信用情報機関

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

上記信用情報機関の登録期間は以下の通りです。

CIC照会日より6か月間
JICC照会日より6か月間
KSC照会日から1年を超えない期間(ただし会員への回答は6か月を超えない期間)

上記のことから、通常は6か月程度は申込をした履歴が登録されていると考えて問題ないでしょう。そのため、この期間内に複数社への申込は避けた方が無難です。

Q.何社以上の申込で申込ブラックになりますか?

A.具体的な基準はありません。

半年間の間に何社以上に申込をした場合は影響が出る、などいうような明確な基準はありません。実際には申込先の金融機関により判断されるため、一概には言えません。

Q.申込履歴の登録状況を確認する方法はありますか?

A.信用情報の開示を行うと確認できます

申込履歴は、個人信用情報機関で登録や管理、照会を行っています。信用情報機関に登録されている情報は、自分自身の情報に限って開示請求を行うことができます。

開示した個人信用情報には、半年間に行われた申込履歴や、現在までのローン利用履歴や返済履歴などが詳細に登録されています。

開示請求を行うためには、500円〜1,500円程度の費用が必要です。もし、「自分が申込ブラックなのではないか」など、不安を抱えている場合は一度開示請求を行ってみることも一つの方法です。開示請求によって、申込ブラック以外の原因が見つかるかもしれません。

Q.申込ブラックだと審査通過は難しいですか?

A.各社の判断によるため、一概には言えません。

実際に審査を受けなければ判明しないため、一概に「申込ブラックは審査に通らない」とは言い切れません。ただし、貸倒れリスクや犯罪行為の懸念があると判断されやすく、審査の通過は難しくなるでしょう。

Q.すぐにお金が必要な場合はどのように申込すべきですか?

A.1社ずつ申込をしてください。

すぐに借入したい場合は、複数社へ同時に申込をして審査に通った申込先から借入したいと考えるかもしれません。しかし、これは逆効果であるため避けたほうが良いです。

はじめに1社目に申込を行い、審査に通れば問題ありませんが、もし審査に落ちた場合は、何らかの原因があるはずです。その原因を考え、できるだけ解決をしてから2社目へ申込するようにしましょう。

もし、2社目でも審査に落ちた場合は、想定した原因とは異なる理由によるものである可能性が高いと考えられます。その原因を解決しなければ3社目へ申込をしても審査通過は難しいといえます。

その場合は、借りる以外の選択肢も視野に入れましょう。

まとめ

カードローンのご利用はSMBCモビットをご検討ください

半年間という短い期間で同時に複数社へ申込をした場合、申込ブラックとなってしまう可能性があります。申込ブラックになると、申込者に特段に問題がなくても審査に通りにくくなってしまう可能性があります。

すぐにでもお金を借りたいときなどは、一度に申込をして借入できる確率をあげたいなどと考えるかもしれません。しかし、この行為は逆効果であるため避けたほうが良いです。

SMBCモビットのカードローンであれば、最短30分で審査結果を回答します。そのため、お急ぎの人でもまずは、申込をして審査結果の回答をお待ちください。

また、「お借入診断」を行うことで、今すぐに借入できるかどうかを簡易的に判断できます。時間にして1分未満です。簡単な質問にお答えいただくだけで結果が表示され、「ご融資可能と思われます」と出た場合は、審査に通過できる可能性があります。ぜひご活用ください。