SMBCグループ
賢くお金を借りる

個人事業主でもカードローン借入は可能?自営業やフリーランスの審査について

アイキャッチ画像

この記事の監修者

小林 恵

貸金業務取扱主任者、日本FP協会認定ファイナンシャル・プランナー(AFP)、住宅ローンアドバイザー、DC(企業年金)プランナー

みんなのモビット担当

関西学院大学社会学部卒。情報通信関連の会社に勤務の後、貸金業務取扱主任者資格を取得。セミナー講師や家計相談を中心に活躍中。近年ではオンライン家計相談も行っており、幅広いお客様のマネーに関する問題を解決している。

個人事業主であっても、さまざまな事情から生活資金が不足することがあります。そういったとき、頼りになるのがカードローンです。

個人事業主やフリーランスの方も申込は可能ですが、利用用途や審査などの覚えておくべき注意点があるので、今回の記事で解説します。

個人事業主もカードローンの利用が可能

個人事業主として働かれている方であっても、安定した収入があれば、カードローンの申込ができます。ただ、実際に借入ができるかどうかは審査の結果次第です。

審査に通過できれば個人の借入として利用できる

個人事業主でも、会社勤務の給与所得者と同じように、審査に通過できれば借入が可能です。多くのカードローンは、職業が個人事業主であることを理由に申込を拒否するということはありません。

なお、個人事業主としてカードローンに申込をする場合、勤務先情報や収入などは以下のように記載してください。

個人事業主がカードローンへ申込む際の注意点

個人事業主の場合は、会社名を付けることができません。屋号を設定しているなら申込書に屋号を記載し、設定されていない場合は、本名を記載すれば問題ありません。

勤務先住所や電話番号は、登録してある住所や電話番号を記載しましょう。

また、収入については売上金を記載するのではなく、あくまでも所得を記載する点には注意が必要です。個人事業主の場合は、収入から経費を差し引いた金額が所得になります。

審査で確認されている項目

カードローンの審査で確認される項目は、以下のとおりです。

確認項目

  • 申込者の属性
  • 申込者の信用情報
  • 申込者の収入情報や他社借入

申込者の属性とは、その人の基本的な情報のことをいいます。たとえば、生年月日や居住状況(賃貸・持家、居住年数等)や家族構成です。

申込者の信用情報とは、過去のローン利用履歴などのことです。これまでローンやクレジットカードを利用した経験がある場合には履歴が登録されているため、その内容が確認されます。

融資は総合的に判断される

申込者の収入状況や他社借入状況の確認においては、年収に対する他社借入の割合などを考慮して返済能力が判断されます。また、個人事業主の場合は年収の他に、事業の安定性についても判断されます。

個人事業主は会社員などと比較すると年収が高めであることが多いです。しかし、会社員などと比較すると事業の安定性の部分で劣るケースも多いため、安定性を重視されます。

信用情報

クレジットやローンの契約や申し込みに関する、客観的な取引事実を登録した個人の情報で、金融機関が顧客の「信用」を判断するための参考情報として利用されます。

審査で必要となる書類

カードローン審査で必要となる書類は以下のとおりです。

必要書類

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
本人確認書類で確認される項目

本人確認書類は、運転免許証などで問題ありません。また、個人事業主が提出する収入証明書は、一般的に確定申告書類が望ましいです。

本人確認書類の例

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表のみ)
  • 在留カード
  • 各種健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本

資金使途に制限のあるカードローンだと利用できないことも

個人事業主として借入する場合、「個人的な生活資金」「事業資金」のどちらとして利用するのかによって、利用できるカードローンが異なります。

カードローンの利用用途については、一般的に自由とされている場合が多いものの、金融機関や商品によっては(事業用を除く)と記載されているものがあります。その場合は、借りたお金を事業のために使用する事はできません。

あらかじめ利用する使途を明確にし、利用方法に適したカードローンを検討してください。

監修者コメント

小林 恵

賃金業務取扱主任者 みんなのモビット担当

SMBCモビットのカードローンは、利用用途として、ギャンブル資金や事業資金としては利用できません。もし事業における運転資金や給与支払などの資金を必要としている場合は、そうした目的での利用可としている商品への申込を検討してください。

【用途別】個人事業主に向いているカードローンの借入方法

個人事業主がカードローンを利用する場合、その資金使途に応じて借入方法を検討する必要があります。たとえば、個人用途で利用を検討しているのであれば、消費者金融などのカードローンが向いています。

一方、事業用として借入を検討しているのであれば、事業者向けカードローンの利用がふさわしいといえます。

【個人用】消費者金融カードローン

個人の用途でカードローンの利用を希望するのであれば、消費者金融を検討してください。消費者金融では様々な対象向けにサービスが提供されています。もちろん、個人事業主向けのサービスも充実してきています。

消費者金融はWEB上からの申込が可能であり、手軽に申込ができる点が魅力です。また、提携コンビニATMなどから手軽にお金を借りられるのも特徴です。

「どこでカードローンを利用すればよいだろうか?」と悩まれている場合は、迅速で便利に利用できる消費者金融のカードローンも検討してみてください。

個人用途のカードローンはSMBCモビットのご利用を

個人用途のカードローンで消費者金融を検討されている方は、ぜひSMBCモビットをご利用ください。

SMBCモビットは、満20歳〜74歳までの安定した収入がある方であれば個人事業主でも申込が可能です。また、「WEB完結申込」からお申込みいただければ、すべてWEB上で完結し、借入もアプリから行うことができます。

店舗にご来店いただく必要がないため、忙しい個人事業主の方でも利用しやすいのではないでしょうか。ぜひ、ご利用をご検討ください。

【事業用】事業者向けカードローン

事業用としてカードローンの利用を検討されている場合は、ビジネスローンや事業者向けカードローンの利用をご検討ください。

一般的な個人向けのカードローンでは、「事業用は除く」などの条件が設定されている場合があります。そのため、事業用として使用される場合は、事業用に対応しているカードローンの利用をしたほうが安心です。

個人事業主がカードローンへ申し込む際のポイント

個人事業主やフリーランスの立場でカードローン申込をする際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

カードローン申込時のポイント

  • 安定した収入があることを証明する
  • 用途にあった借り入れができる商品を選ぶ

安定した収入があることを証明する

カードローンの審査では、申込者の収入が安定的であり、返済能力を有しているかが重要です。

個人事業主では、年収で見た時に会社員のような給与所得者と比べて高いケースは珍しくありません。ただし、収入の安定性という観点で見た時には、給与所得者の方が返済能力が高いと判断されやすい傾向にあります。

個人事業主は給与所得者と比べ、倒産や失業により収入がなくなるリスクが高いと判断されます。そのため、安定収入を重視するカードローンの審査においては、会社員に比べて通過しにくい傾向があります。

個人事業主でも安定収入があると判断されればカードローン審査に通過できますので、現在の事業の状況を偽ることなく申告しましょう。

用途にあった借り入れができる商品を選ぶ

カードローン商品を選ぶ際、借りたお金を何に使うのかを明確にして選ぶようにしてください。

事業性資金としての借入が禁止されているカードローン商品で、借りたお金を事業のために使うことは、規約違反となってしまう可能性があります。また、申込段階で利用用途を確認された時に「運転資金」のように回答すると、審査に通過できない可能性が高まります。

生活資金として借入を希望する場合は問題ありませんが、事業のための資金としての借入を希望する場合には、それが許可されている商品への申込をしましょう。

SMBCモビットなら最短30分で審査結果を確認できる

そもそも借り入れできるかどうか、という点が気になる方は、SMBCモビットのお借入診断が便利です。

生年月日・税込年収・現在他社借入金額を入力するだけで、融資可能かどうか、シンプルに確認することができます。

個人事業主がカードローンで借入するメリット

個人事業主がカードローンでお金を借りるメリットは、以下のとおりです。

カードローンのメリット

  • 最短で即日融資が可能
  • 担保や保証人なしで借入可能

最短で即日の融資も可能

消費者金融のカードローンは、その多くが即日融資に対応しています(各社で条件は異なります)。たとえば、午前中に申込が完了した場合は、その日の午後には審査が完了し、契約から借入までのすべての手続きが完了します。

また、消費者金融のカードローンの審査は迅速に行われることでも知られています。たとえば、SMBCモビットの場合は最短30分で審査結果が判明します。審査結果回答後は契約手続きに進み、早ければ申込から1時間程度で利用可能になります。

急ぎでお金が必要な個人事業主でも、必要書類さえ準備できれば即日融資が可能であるため、「すぐにお金が借りたい」と考えている場合にも対応可能です。

担保や保証人なしで借入できる

カードローンは、担保や保証人を設定することなく借入できるのが特徴です。個人事業主として銀行などから借入する場合は、担保や保証人を求められる可能性もあります。

その点、カードローンは申込者の意思のみで利用できるという意味でも魅力的に感じられるのではないでしょうか。

個人事業主がカードローンを利用する際の注意点

個人事業主がカードローンを利用する際は、以下のことに注意してください。

注意点

  • 利用可能額は審査により決定する
  • カードローンの金利は比較的高めに設定されている

利用可能額は審査により決定する

個人事業主がカードローンを利用する場合、借入できる上限額は法律や審査によって決定します。法律による上限としては、総量規制という規制により年収の1/3を超えてはならないとされています。

ただし、銀行が独自に発行するカードローンは銀行法という法律が適用されるため総量規制の対象にはなりません。しかし、自主規制により年収の1/3を超える貸付は行わないのが一般的です。

つまり、どのカードローンであっても年収の1/3を超える借入は行われません。年収の1/3以下の範囲で、申込者の返済能力やその他の情報を元に利用可能額が設定されます。

カードローンの金利は比較的に高めに設定されている

カードローンの金利は比較的高めに設定されることが多いため、借入目的次第では、その他の方法を検討したほうがよいかもしれません。

借入の種類一般的な金利
カードローン18.0%以下
日本政策金融公庫3.0%以下(商品種類により異なる)
銀行カードローン14.5%以下(審査結果により異なる)

カードローンは個人事業主でも便利に利用できる一方で、金利が高めに設定されています。借入金額が高額になればなるほど、利息負担が重くなる点にも注意が必要です。

個人事業主がカードローン審査に通らない場合の対処法

審査に通らない場合は、カードローンでの借入はできませんので、その場合は以下のようなカードローン以外の方法を検討する必要があります。

審査に通らないときの対処法

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 契約者貸付制度

生活福祉資金貸付制度で生活費の借入が可能

事業資金ではない生活のための資金が不足している場合は、公的制度である生活福祉資金貸付制度(厚生労働省)の利用を検討するという方法もあります。

この制度は、何らかの事情で経済的に困窮している世帯を対象として、使途に応じてさまざまな貸付制度を行っています。

たとえば、個人事業主としての仕事が途絶えて生活費が不足しているならば、生活支援費として1ヶ月で最大20万円(2人以上の世帯)の借入が可能です。緊急的かつ一時的な資金不足ならば、緊急小口資金貸付として、10万円まで借りられます

借入利率は、大手消費者金融や銀行と比べても、低めに設定されています。また、返済期間も状況に応じて柔軟な対応が可能です。

参考:生活福祉資金貸付条件等一覧|厚生労働省

生命保険契約からお金を借りられる「契約者貸付制度」の利用

貯蓄型の生命保険契約をされている方は、契約者貸付制度の利用も検討してみてください。

この制度は、保険商品の解約返戻金の一部(一般的には70%〜90%以内)を保険会社から借入する制度です。

自分が積み立てている保険料からお金を借りる仕組みであるため、基本的には借入審査は行われません。借入までの日数も最短で2営業日〜5営業日(保険会社による)であるため、緊急の入用にも対応できます。

ただし、契約者貸付制度はすべての貯蓄型保険に対応しているわけではありません。保険会社によっては対応していない、もしくは保険商品によって対応していないこともあるので、注意が必要です。

参考:契約者貸付制度|生命保険文化センター

よくある質問

Q.自営業者も契約できますか?

A.自営業者でも契約可能です。

カードローンの利用条件を満たしていれば、自営業者でも申込や契約は可能です。たとえば、SMBCモビットの利用条件は以下のとおりです。

利用条件

  • 満20歳〜74歳の方
  • 安定した収入がある方

自営業者であっても上記条件を満たしていれば、SMBCモビットのお申込みは可能です。

Q.審査にかかる日数はどのくらいですか?

A.カードローン会社によって異なります。

消費者金融の場合は、最短30分程度で審査結果が判明します。銀行が独自に発行するカードローンの場合は、審査結果は最短でも申込日の翌営業日となります。

できるだけ早くお金を借りたい場合には、最短即日融資が可能な消費者金融のカードローンが向いているでしょう。

Q.随時返済はできますか?

A.可能です。

資金に余裕があれば、返済日前であっても返済が可能です。また、返済日に毎月決められた返済金額を超えた金額を返済できる場合もあります。随時返済を行うことで、総支払い金額が軽減され、返済期間が短縮されるなどのメリットがあります。

ただし、随時返済については各社により対応が異なる場合もあるので、事前に確認するようにしてください。

まとめ

個人事業主ならではの注意点をおさえて申し込みを

個人事業主やフリーランスとして働く人でもカードローンへの申込は可能ですが、実際に借入ができるのは審査に通過できた場合のみです。また、商品によっては事業資金に使えない場合もあるため、あらかじめ利用用途と商品内容を把握する必要があります。

SMBCモビットのカードローンは、事業資金としてご利用いただける商品ではありませんが、申込条件を満たす方であれば、個人事業主の方も申込は可能です。審査が不安な場合は、事前にお借入診断をご利用ください。