はじめてお金を借りる

借入とは金融機関からお金を借りること|仕組み・ローンの選び方を解説

この記事の監修者

荒井 美亜

貸金業務取扱主任者、2級FP技能士、税理士科目合格者、日商簿記1級、全経簿記能力検定上級

みんなのモビット担当

立教大学経済学部卒、立教大学大学院経済学研究科修了(会計学修士)。出版社、Webマーケティングの会社に従事する中で様々な金融関連の資格を取得。クレジットカードやファクタリングの知識も持ち合わせ、お客様からマネー相談を受けた経験も多数。

借入とは、簡潔に言うと「お金を借りること」です。銀行や消費者金融から「融資を受けること」も借入となります。

目的や金額によりさまざまな借入先・選び方があるので、お金を借りたい場合には事前に正しい知識を身につけておく必要があります。

今回は、個人がお金を「借入」する場合の基礎知識について紹介します。

借入=金融機関からお金を借りること

一般的な借入とは、銀行や消費者金融、クレジットカード会社などからお金を借りることを指します。個人がお金を借りる場合もあれば、法人が事業資金を借りる場合もあります。

一般的な借入とは、銀行や消費者金融、クレジットカード会社などからお金を借りることを指します。個人がお金を借りる場合もあれば、法人が事業資金を借りる場合もあります。

本記事においては、個人が金融機関から借入をするケースを想定して解説していきます。

一般的に、個人が金融機関から借入をする場合には、ローン申込をすることとなります。

「住宅ローン」や「マイカーローン」のように、何かの目的でまとまったお金を借りるサービスはローンに該当します。また、食費や日用品購入のためにお金を借りる「カードローン」や「クレジットカードのキャッシング」もローンになります。

クレジットカードの利用は「借入」になるのか?

クレジットカードを商品購入などの際に利用することは、「借入」ではありません。なぜなら、直接カード会社からお金を借りるわけではないからです。

借入先の種類

金融機関をはじめ、お金の借入先にはいくつか種類があります。

借りたお金の用途などによって、適している借入先が異なるため、あらかじめ把握しておきましょう。

銀行

銀行には、カードローンだけでなくカーローンや住宅ローン、ブライダルローンなど目的ごとに即したローンが多くあります。基本的に、適用される金利が低く抑えられている傾向にあります。

ただし、金利が低く設定されているほど貸し倒れが生じた際のリスクが大きくなることから、審査に通過しにくいという見方もあるため注意が必要です。

消費者金融

主に個人に対して融資を行っている金融機関が、消費者金融です。

最大の特徴は、借りたお金の用途の自由度が高い点です。さらに、申込みをしてから借入までにかかる時間が最短即日中のため、急ぎの対応が可能です。

デメリットとして、適用される金利が高めに設定されているため、返済が長期に渡る場合は負担が大きくなりやすい点が挙げられます。

信販会社・クレジットカード会社

信販会社やクレジットカードからも、お金を借りることが可能です。クレジットカードの場合、キャッシング枠が設けられていれば、審査なく借入を行うことができます。

信販会社は、ショッピングローンなどの形で貸付を行っています。ショッピングローンは、審査のスピードも速く、商品代金分のみの借入となるため使いすぎの心配もない点がメリットとして挙げられます。

ただし、ショッピングローンを活用して購入する商品が高額になればなるほど、分割回数を増やす必要が出てくるため返済が長期間にわたりやすいほか、消費者金融のように借りている金額の一部を繰り上げて返済するなどの柔軟な方法がとれないケースも少なくありません。

公的機関

金融機関だけでなく、公的機関からもお金を借りることができます。

公的な融資制度は、生活が厳しい人を対象に実施されるため、基本的には金融機関から借入を行うようにしながら、いざという時には公的機関からお金を借りられる制度があるということを覚えておくと良いでしょう。

借入先はローンの利用目的に合ったものを選ぶ

お金の借入先は、その利用目的によって選ぶことで、金利を安く抑えられたり、返済に関する考え方が異なったりと、返済負担を抑えるのに役立ちます。

「目的型ローン」と「目的自由形ローン」の違い

ローンは主に、以下の2種類に分かれます。

基本的に目的型ローンは金利が抑えられているケースが多いため、借りたお金の使いみちがすでに決まっている場合には、目的型ローンを検討すると良いでしょう。

目的自由型ローンは、銀行のフリーローンに該当する「借りたお金の使いみちが決められていないもの」になります。

消費者金融のカードローンも同様に、借りたお金の使いみちが自由ですが、銀行のフリーローンでは契約時に決められた金額しか借りられない点に違いがあることを覚えておきましょう。

借入できるまでにかかる時間にも注意

借入先を選ぶ際には、申込みをしてから借入できるまでにかかる時間の目安にも注意しておくと良いでしょう。

どうしても回避できない急な出費などが発生している場合には、金利は高くなるものの、最短即日融資が可能な大手消費者金融のカードローンを検討しても良いです。

借入の仕組み

借入をする時は、上記のように利用者が金融機関に対して申込をして、正式に契約をした後にお金を借りられるという仕組みとなっています。どのような借入であっても、基本的に以下3つが共通しています。

  • 借入できる金額と金利は審査で決まる
  • 借入金額に対して利息が発生する
  • 月1回返済する必要がある

1.借入できる金額と金利は審査で決まる

審査とは、簡潔に言うと「返済能力」を確認する手続きです。借入できる金額(借入可能額)は、この返済能力に応じて決まります。

金融機関は、「借入金の返済を続けられるかどうか」という基準で返済能力を判断します。主に、収入状況や他社からの借入状況、勤務年数、居住年数などをもとに、返済能力が確認されます。

借入時に行われる審査の内容は、金融機関・ローンの種類ごとに異なり、いずれの場合も明確には公開されていません。なお、借入可能額と金利は金融機関の審査によって判断されます。

2.借入金額に対して利息が発生する

金融機関のローンで借入をした場合には、基本的に利息が発生します。

一般的な利息は「借入残高」「金利」「利用日数」によって決まります。正確な利息を算出するには、計算式を理解する必要があります。

利息の計算式

利息=借入残高(元金)×金利(年率)÷365日(うるう年の場合は366日)×返済日までの利用日数

利息と金利について、詳しく知りたい方は、以下の関連記事もご覧ください。

3.月1回返済する必要がある

借入をすると、基本的に「月1回の返済」が始まります。借入金額が多いほど、完済までの期間は長くなるのが一般的です。

今日中に借入したい場合はSMBCモビットをご検討ください

お金を必要とする期限が迫っており、できるだけ早めの借入を希望されている方は、SMBCモビットが便利です。

10秒簡易審査でご融資可能かどうかをすぐに判別することができて、申込時間により最短即日融資が可能。来店不要なので、外出先からもスマートフォンで手続きが可能です。

「返済シミュレーション」を活用することで、無理なく計画的に利用するための事前確認が可能です。お急ぎの場合は、下記のフォームから必要事項を入力し、SMBCモビットの利用を検討してみてください。

ローンの選び方

世の中にはさまざまなローンがあり、サービスの種類も豊富であるからこそ、どのように選べばいいのかという点について迷ってしまう人もいることでしょう。

目的とタイミングをもとに選ぶ

ローンを選ぶ際には、「借入目的」と「いつまでにお金が必要か」を考える必要があります。

住宅購入資金・生活資金など、お客さまの借入目的に合ったローンを選択することで、それに適したサービスを受けることができます。

また、お金が必要となるタイミングも非常に重要です。明日までにお金必要なのに、実際の借入が1週間後になるローンを選んでしまっては、目的を果たすことはできません。

ローンの種類は2つに分けられる

ローンは、大きく「目的型のローン」と「目的自由型のローン」の2種類に分けることができます。

「目的型のローン」とは、借入したお金の用途が限定されているローンです。住宅ローンやマイカーローンなどが該当します。

「目的自由型のローン」とは、借入したお金の用途が限定されておらず、あらゆる状況に対応できるローンです。カードローンやフリーローンが該当します。

それぞれのローンにおける違い

ローンには、利用目的が限定されているかどうかという点以外にも、様々な違いがあります。

ローンの種類金利借入金額タイプ借入までの時間
住宅ローン非常に低い非常に高額目的型長い
マイカーローン低い高額目的型長い
フリーローン高い中額目的自由型早い
カードローン高い少額目的自由型非常に早い

すぐにでもお金が必要な方にはカードローン

住宅の購入や車の購入など、お金を借りる目的や金額が決まっている場合には、それに見合ったローンの申込をしましょう。

一方で、お金が必要なタイミングが目前に迫っており、すぐにでも借入したいという状況にある方には、カードローンが適しています。

SMBCモビットを含めたカードローンは、利用目的が自由で、申込から借入までの時間が非常に早い点(最短即日融資も可能)が特徴です。急ぎでお金が必要なお客さまから選ばれており、コンビニや銀行のATMなどでカードを使って借入・返済ができます。

まとめ

無理のない返済計画を立ててから借入を

ここまで紹介してきた通り「借入」とは一般的に金融機関からお金を借りることを指し、さまざまなローンが存在します。どんなローンでの借入であっても、元金と利息の返済義務が生じるため、無理のない返済計画が必要です。

合わせて、自身の状況に合った借入先を選ぶ事も重要です。「どんな目的でお金を借りるのか?」「いつまでにお金が必要なのか?」といった点を慎重に考えましょう。

SMBCモビットのカードローンは最短30分で審査結果を通知しているため、最短即日融資も可能です。申込は、WEBから24時間365日いつでも受付しているので、お急ぎの方はぜひご検討ください。