SMBCグループ
賢くお金を借りる

カードローンの仮審査とは|審査否決となる原因も解説

カードローンの仮審査とは|審査否決となる原因も解説

この記事の監修者

荒井 美亜

貸金業務取扱主任者、2級FP技能士、税理士科目合格者、日商簿記1級、全経簿記能力検定上級

みんなのモビット担当

立教大学経済学部卒、立教大学大学院経済学研究科修了(会計学修士)。出版社、Webマーケティングの会社に従事する中で様々な金融関連の資格を取得。クレジットカードやファクタリングの知識も持ち合わせ、お客様からマネー相談を受けた経験も多数。

カードローンの仮審査とは、本審査前におこなわれる機械的な審査のことを指します。カードローンへ申込すると、仮審査を経て本審査がおこなわれ、審査結果解答、契約手続きという流れで利用ができるようになります。

この記事では、仮審査によって確認される項目、審査が否決となる主な原因について解説します。

カードローンの仮審査は本審査前の機械審査

カードローンの仮審査とは、本審査を実施する前におこなわれる機械審査のことです。

カードローンの審査は大きく分けて「仮審査」と「本審査」があります。仮審査は簡易的審査であり、おおよそで借入可能かどうかを判断します。

たとえば、仮審査の時点で「申込者の信用情報に問題がある」と判断された場合は、その時点で審査が否決となる可能性が高くなります。一方、仮審査で「返済能力に問題がない」と判断された場合は、次の段階である本審査に進んでいきます。

一般的なカードローンの審査では、審査の時間短縮と効率化を目的に、仮審査で大まかに申込者の情報を確認して融資可能かどうかを判断します。その後に人の手による本審査へ進む仕組みです。

ちなみに、本審査では細かい確認作業などがおこなわれます。具体的には、申込者の勤務先への在籍確認や申込者本人に対する本人確認をおこないます。これらの確認作業がすべて完了した上で、最終的な審査可否が判断される流れです。

SMBCモビットのカードローンの場合は、申込から仮審査、本審査まで最短1時間程度で完了します。審査の効率化によってスピーディーな借入も可能であるため、お急ぎの人はぜひご利用ください。

カードローンの仮審査で確認される項目

仮審査で確認される項目

カードローンの仮審査で判断基準として主に確認されている項目は、上記の通りです。

基本情報

基本情報とは、申込者の年齢や家族構成、勤務先情報などのことを指します。これらの情報により返済能力について判断されます。

基本情報でとくに着目される点は、収入です。収入が多ければ多いほど希望金額まで借入ができる可能性は高くなります。なお、収入が低くても、毎月安定した収入を得ている場合は審査を通過する可能性はあります。

勤務先情報

申込者の勤務先についての情報で、会社規模や勤続年数などを確認します。また、本審査ではその勤務先に本当に在籍しているかどうかも確認します。

個人信用情報

仮審査では最初に個人信用情報に登録されている内容の確認をおこないます。とくに、以下のような情報を確認して融資の可否を判断しています。

仮審査の確認事項

  • 異動情報の有無
  • 返済履歴
  • 他社借入件数・金額

異動情報の有無

異動情報とは、長期間の滞納状態や債務整理等の手続きとなった場合に登録される情報です。異動情報が登録されていると、過去に重大な金融事故を起こしたことが明らかであるため、審査をおこなう上で不利になってしまいます。

なぜなら、過去に異動情報として登録されるような滞納等を起こしていることにより、また、同じことが繰り返されてしまう可能性があると判断されてしまうためです。融資をおこなう金融機関は貸倒のリスクが高いと判断をして、融資を断るケースが多くなっています。

返済履歴

信用情報を通じて過去の返済履歴などを確認します。他社ローンやクレジットカードの利用履歴に支払い遅延がある場合は、審査に影響する可能性があります。また、過去に長期間の延滞をして「異動情報」が登録されている場合は、審査の通過はきわめて困難になるでしょう。

一方で、これまで一度も支払に遅延がない場合は、審査において有利になるでしょう。もちろん、その他の項目も含めた総合的な判断がなされるため、必ず審査に通るとは限りません。ただ過去の利用実績は非常に重要である点は留意してください。

信用情報

クレジットやローンの契約や申込、利用状況等に関する情報です。個人のお金に関する情報で、ローン契約の際には必ず確認されています。

異動情報

異動とは簡単に言えば、ローン商品など返済に対して、(長期間の)滞納もしくは破産してしまった状態のことを指します。

他社借入件数・金額

他社からの借入件数や借入金額もカードローンの仮審査で確認されます。借入件数や借入金額は、返済能力が判断されるための大切な項目です。

一般的に、借入件数が極端に多い(多重債務)の場合や既存の借入金額が収入に対して多額である場合は、返済能力がないと判断されて審査に通りにくくなる可能性が高いといえます。特に、年収の1/3を超える借入があると、総量規制によって借入が制限されてしまいます。

総量規制

消費者金融やクレジットカード会社などを対象に設けられている法制度の1つです。返済能力を超えた過剰な貸付から消費者を守るために、「年収の1/3を超える貸付の原則禁止」を定めています。

カードローンの審査で確認される項目

仮審査後におこなわれる審査では、主に以下のことについて確認します。

審査の内容

  • 申込内容の詳細を確認
  • 本人確認書類・収入証明書類の確認
  • 在籍確認(原則勤務先への電話連絡なし)

申込内容の詳細を確認

カードローンの審査では、申込内容に誤りがないかどうかが確認され、誤りがあったり不明な点があったりした場合は、申込者宛に電話がかかってきます。とくに問題がない場合は、そのまま審査が進んでいきます。

電話による確認が取れない場合は、審査に時間がかかってしまうため注意が必要です。そのため、できるだけ早めの融資を希望される人は、申込前に入力事項に不備等がないかどうかを確認の上、万が一、電話があっても対応できるようにしておくと良いでしょう。

本人確認書類・収入証明書類の確認

審査では申込時に申告した内容と本人確認書類を照らし合わせ、誤りがないかどうかについて確認されます。万が一、申告内容と本人確認書類が不一致の場合、本人へ確認します。

また、審査では収入証明書類の確認もおこなわなければいけません。カードローン利用時は、総量規制によって年収の1/3を超える貸付をしてはならないと定められています。

そのため、一定の基準を満たす人は収入証明書類の提出を求められ、収入と借入金額の内容について調査されます。もし、年収の1/3以上の借入がある場合は、審査を通過することはできません。

在籍確認(原則勤務先への電話連絡なし)

審査では必ず在籍確認がおこなわれます。在籍確認とは、申込者が申込時に記入した勤務先に実際に在籍しているかどうかを申込先が確認する行為です。

在籍確認

申込者の勤務先についての情報で、会社規模や勤続年数などを確認します。また、本審査ではその勤務先に本当に在籍しているかどうかも確認します。

SMBCモビットの場合は、原則電話連絡による在籍確認はおこなわれませんが、在籍確認自体が無くなるわけではありません。その他の項目を含めて総合的に判断して融資可否が決まります。

カードローンの仮審査に通らない原因

カードローンの仮審査に通らない原因

カードローン審査で否決となる主な3つの原因について説明していきます。

カードローンの申込条件を満たしていない

カードローンの申込条件を満たしていない場合は、そもそも申込自体ができません。たとえば、SMBCモビットの申込条件は以下の通りです。

SMBCモビットの申込条件

  • 満20歳〜74歳の方
  • 安定した定期収入がある方

この条件によれば、申込者本人が20歳未満もしくは75歳以上の場合は、そもそも申込ができません。また、申込者本人に安定した収入がなければ、申込や借入はできません。

実際の申込条件は各カードローン会社によっても異なります。申込を検討しているカードローン会社の申込条件をよく確認した上で申込をするようにしてください。

信用情報に問題がある

過去に長期間の支払い遅延があるなど、信用情報に問題がある場合はカードローンの仮審査で否決となる可能性があります。

たとえば、クレジットカードや各種ローン契約の支払い遅延は、すべて信用情報に登録されます。また、最近では高額化したスマートフォンの機種代金を分割購入するケースも増えています。スマートフォン本体代金の割賦契約も信用情報に登録されるため、携帯料金の支払遅延には注意が必要です。

監修者コメント

荒井 美亜

賃金業務取扱主任者 みんなのモビット担当

信用情報に問題があるとカードローンだけではく、クレジットカードや目的ローンなどの審査にも通る可能性が低くなります。そのため、日頃から利用しているサービスでは支払いの遅延などには気をつけるようにしてください。

他社借入件数・金額が多い

借入件数や借入金額があまりにも多い場合は、このことが原因で審査否決となることがあります。いわゆる多重債務の状態になっていたり、総量規制の上限まで借入していたりすると、カードローンの仮審査で否決となる可能性が高くなるでしょう。

ただし、実際に審査をおこなうのはカードローン会社であるため、借入件数や借入金額の基準は異なります。よって、A社では審査で否決となったが、B社では審査に通ったということもあり得ます。もし、審査に不安を感じているならば、SMBCモビットの「お借入れ診断」をご利用ください。

審査を受ける前に注意する点

審査を受ける前の注意事項

  • 虚偽の申告をしない
  • 申込情報に誤りがないか確認する

虚偽の申告をしない

虚偽の申告をしない申込時に虚偽の申告をしてしまうと、審査に落ちてしまう原因となるため注意してください。たとえば、借入可能額を増やしたり、審査に通過する確率をあげるために、年収を故意に多く申告したり、勤続年数を長めに申告したりするのは避けましょう。

年収は収入証明書類の提出によって、虚偽申告であることがわかります。また、勤続年数も健康保険証の確認によって推測ができるため、明らかに虚偽の場合は判明してしまいます。

また、他社借入状況等もすべて個人信用情報機関に登録されている情報によって確認されます。そのため、虚偽の申告をしても自分が審査で不利になるということを覚えておきましょう。

申込情報に誤りがないか確認する

申込情報に誤りがないかどうか、申告前に再度確認をするようにしてください。誤りがあると、審査に通過できなかったり審査に時間がかかってしまったりします。

カードローンへ申込をする際は、最終画面で確認を求められます。住所や氏名、勤務先情報等をしっかりと確認をした上で最終的に申込をするように十分注意してください。

よくある質問

Q.仮審査に通過したあと、本審査で審査落ちする可能性はありますか?

A.簡易審査はあくまでも機械的な審査であるため、その後の本審査で落ちてしまう可能性もあります。

簡易審査は、効率化を図るためにおこなわれる機械審査です。そのため、たとえば、申込情報に虚偽があった場合や、在籍確認・本人確認ができなかった場合は、審査否決となる場合があるので注意してください。

Q.仮審査に落ちた原因を知ることはできますか?

A.仮審査に落ちてしまった理由は公表されないため、落ちた原因を知ることはできません。

仮審査に落ちた理由は、カードローン会社から公表されることはありません。そのため、審査否決となった理由は、自分で判断し推測するしかありません。

ただ、一般的には以下のことが原因で、仮審査否決となることが多いといわれています。

仮審査に通過できない例

  • カードローンの申込条件を満たしていない
  • 信用情報に問題がある
  • 他社借入件数・金額が多い

心当たりがある場合は、その状況を改善してから再度申込をされてみてはいかがでしょうか。

Q.審査申込をした場合は個人信用情報機関に登録されますか?

A.審査申込をした場合、6カ月間申込した情報が登録されます。

カードローン等に申込をした場合は、その日から6カ月間は申込をした情報が登録されます。そのため、6カ月以内で何度も審査申込をすると、金融機関等からの印象が悪くなり、審査で不利になってしまう可能性があります。

まとめ

カードローンの利用はSMBCモビットをご検討ください

仮審査とは、本審査前におこなわれる審査であり、申込者本人の返済能力などを確認するためのものです。仮審査に通過した後、本人確認などおこなうための本審査が実施され、最終的な審査結果が回答されるという流れです。

SMBCモビットのカードローンの場合は、申込から仮審査、本審査から結果解答まで最短1時間程度で完了します。審査の効率化により、スピーディーな借入が可能です。また、最短即日融資にも対応しているため、すぐにお金を借りたい方にも向いています。

もし、カードローンの仮審査に不安を感じているのであれば、お借入診断という簡易審査もあります。簡易審査の結果「ご融資可能と思われます」と画面上に表示された場合は、融資される可能性があるため、そのまま申込へお進みください。

これからカードローンの利用を検討されているのであれば、ぜひSMBCモビットをご検討ください。